りんご病って思っていたのと違う!

りんご病って思っていたのと違う!

りんご病とは、、

“伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)の別名でヒトパルボウイルスB19が原因のウイルス感染症です。症状としては、ほほに紅色の皮疹(ひしん)〔紅斑(こうはん)〕が現れます。また、風邪を思わせる症状や関節痛、全身倦怠感などが先行することもあります。”
(引用:りんご病(伝染性紅班)-解説-|東京こども医療ガイド(東京都福祉保健局)

3日前くらいから、なんだか頬が赤いなーとは思っていました。
息子

腕もなんとなく赤いような、、。
息子

「りんご病」かも?と思いネット検索すると、かな~り赤みのある頬の画像ばかり。Google画像検索 – 「りんご病」
息子の頬はそこまで赤くなく、、とは言え通常とは明らかに違うので念のためかかりつけの小児科へ。

先生、ちょちょちょっと息子を診て「りんご病だね~、10月上旬にかかってるよ」と。「もう治ってるからこのままで大丈夫だよ~、一度かかったらもうかからないから母子手帳に“今日の日付 りんご病 済”って書いておくといいよ~」とも。

りんご病、もっと真っ赤な真ん丸りんごちゃんほっぺになると思ってたな~。思いのほか元気なときと変わりがなかったので、ちょっぴり拍子抜けの母でした。
 

育児カテゴリの最新記事